てんかん発作時の対応

てんかん発作時の対応について教えてください。

対応にはいくつかの注意点(発作中にできればやっておきたいこと、絶対にしてはいけないこと)があります。

 

発作中にできればやっておきたいこと

①まずは落ち着く

お子さんの発作を目撃すると、ほとんどの方が慌ててしまうと思いますが、まずは自分を落ち着かせるように努力してください。

②安全を確保する

危険物は遠ざける、頭の下にクッションをおく など

➂楽な姿勢にする

衣服を緩める、メガネをはずす など

④発作を観察する

記憶・記載(メモ)・記録(動画)で発作の様子を残してください。スマートフォンなどでの動画の記録は、何度も繰り返し見ることができ、医療者が重視している発作の症状に注目して見直すことができます。発作を冷静に観察するのは難しいことですが、医療者が発作を目撃することができるケースは非常に少なく、発作時に介助した方の目撃情報が治療に直結する場合があるので大変重要です。

特に注目してほしいポイントは、

①発作の始まり:発作が始まったときの状態(観察者は「何で気づいたか?」が重要)

②発作の経過:発作がどのように変化・進展したか(部位:目は、顔は、手は、足は、からだの動き、左右差、表情・顔色など)

③発作後の様子:発作が落ち着いたときの状態(言葉がでにくい、麻痺の部位、もうろうとしていた など)

に大きく分けられます。最も重要なものは①です。睡眠中や本人のそばにいない場合は、①から観察が困難な場合が少なくありませんが、②や③ももちろん重要な情報です。

発作の観察に便利なアプリnanacaraもありますので、活用してください。

 

⑤発作後の対応

 

・吐物で窒息しないよう、顔を横に向ける。
・もうろう状態となることがあるので、しばらく見守る。
・眠ってしまったときはそのまま寝かせておく。
・普段通りに戻るまで目を離さない。

 

絶対にしてはいけないこと

口の中のものをかき出さない!
→指をかまれることがあります。前傾姿勢や顔を横に向けることで、窒息を回避できます。

口に物を入れない!
→口の中や歯を傷つけたり、窒息したりすることがあります。

意識が回復する前に、口から薬や水分などをとらせない!
→誤嚥(食べ物が気管に入ってしまうこと)することがあります。

体を揺さぶらない!
→意識がないときに無理に揺さぶるとケガをすることがあります。

明らかな「けいれん」「ひきつけ」を伴わないようなてんかん発作の場合

周囲のものでケガをしないようそばで見守り、危険がある場合はやさしく誘導してください。発作中のこどもの行動を無理に制止・制限しようとすると、予期せぬ力で抵抗されることがあるので注意が必要です。やさしく静かに「だいじょうぶ?」と普段通りの表情で話しかけることは、意識がある場合の発作を起こしているこどもを安心させる他に、周囲を落ち着かせるという意味で効果的です。

救急車を呼ぶタイミング

通常、「けいれん」「ひきつけ」など発作は数分以内におさまり、ほとんどの発作は救急の医療処置を必要としません。しかし、以下のような場合は、救急対応が必要な可能性がありますので、救急車を呼んでください。お子さんの発作の状態によってはこの限りではありませんので、この判断基準でよいかどうか、一度主治医に確認しておいてください。

5分たっても、全身のけいれん発作がおさまる気配がない場合

・発作が頻発する(意識が回復しないうちに次の発作がおこる)場合

・顔色が悪く、呼吸が不規則な状態が続く場合

・頭部打撲後に意識がない、怪我による出血が止まらない場合

・不安でどうして良いか分からない場合

てんかんで〇〇病院に通院中です。発作はすでに〇分以上で止まる気配がありません。救急搬送お願いします」と要点を伝えて下さい。搬送時に、病気の状況やかかっている病院を救急隊へ伝えましょう。

学校や園での緊急処置について

学校におけるてんかん発作時の坐薬挿入については、平成28年2月29日付けで文部科学省による規定があります。学校現場等で児童生徒がてんかんによるひきつけを起こし、生命が危険な状態等である場合に、現場に居合わせた教職員が、坐薬を自ら挿入できない本人に代わって挿入する行為については、以下の4つの条件を満たす場合(①事前に医師から書面で指示、②学校・教育・保育施設等に対して具体的に依頼、③本人確認し、手袋を装着し坐薬挿入、④坐薬を使用した後、必ず医療機関を受診、プライバシーの保護に十分配慮)は、医師法第17条(医行為)の違反とはならないとされています。また教育・保育施設等(保育園、幼保連携型認定こども園、放課後児童健全育成事業、放課後子供教室等)におけるてんかん発作時の坐薬挿入についても、現場に居合わせた教育・保育施設等の職員又はスタッフが行う場合は同様とされています。

ページの先頭へ