はじめに

患者さん、ご家族へのメッセージ

てんかんは100人に1人程度(日本で100万人以上)の患者さんがいるとも言われおり決してまれな病気ではありません。特に小児期や思春期に比較的多く認められます。「てんかん発作」には、体全体に力が入り転倒するような危険な発作から、数秒間ボーっとする軽い発作、脳の発達に影響を及ぼす発作など様々です。小児期においては適切な管理により完全に治癒するてんかんも少なくありません。しかし複数の抗てんかん薬を十分量試みても発作が抑制されない患者さんもおられます。てんかんの治療は長期にわたるため、発作に対する治療だけでなく、日常生活や学校生活を健やかに送れるように、主治医の先生と相談しながら治療を行っていくことが大切となります。今回、てんかんと診断された患者さんやご家族に向けたホームページを作成しました。少しでもてんかんを理解するための参考にしていただければ幸いです。

てんかんとは

てんかんは「種々の病因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射から由来する反復性の発作(てんかん発作)を主徴とし、それに変異に富んだ臨床ならびに検査所見表出が伴う」と世界保健機関(WHO)では定義されています。脳の神経細胞の異常な電気的興奮によって発作が繰り返し起こる病気です。原因はさまざまですが、明らかな脳の病変がない場合と明らかな病変が認められる場合があります。発作も極めて多彩ですが、脳のどの部位が異常な電気的興奮を起こしているかによって発作症状が決まるため、それぞれの患者さんでは同じような発作を繰り返し起こすことが特徴です。

ページの先頭へ